勉強を始める切っ掛け
介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ 日本キャリアパスアカデミー

日本キャリアパスアカデミー

日本キャリアパスアカデミー

日本キャリアパスアカデミーは、福祉関係の資格を目指す人のための学校です。資格を取得するだけにとどまらず、就職するため、また就職後のスキルアップのための教育機関です。行政機関や介護保険施設などとのネットワークも構築し、様々な社員研修を通し、福祉分野におけるより良いサービスを提供するための人材を育成しています。

ここでは日本キャリアパスアカデミーの介護福祉士講座について詳しく解説していきます。

日本キャリアパスアカデミーの資料請求は【ケア資格ナビ】が便利

コースとカリキュラム

管理人

日本キャリアパスアカデミーの介護福祉士のコースには、介護福祉士合格講座(通学および通信)と、介護福祉士実技講習があります。

介護福祉士合格講座は、第24回介護福祉士国家試験から新しくなるカリキュラムに対応しています。試験合格の戦略を立て、様々な学習環境にある受験生が合格できるような実現可能な学習法を提案しています。確実に合格レベルまでの実力を実に付けることができるコースです。

「介護福祉士合格講座の通学コース」は次の3過程に分かれますが、全ての過程を受講する総合クラスもあります。万が一都合により出席ができない場合は、他の曜日に振替可能です。講師が常時待機しているので、質問も受け付けています。また、授業終了後は教室を「自習室」として使用可能です。

 

①ポイントマスター(7日間(42時間)で完成)月・土曜コース

6日間で、頻出される論点に関するポイントを学び一通り簡単に理解し、7回目で実力テストを行うコースで、テキストを読んでも理解できなかった問題の意味がわかるようになります。

 

②パーフェクトマスター(7日間(42時間)で完成)月・土曜コース

パーフェクトマスターを修了すれば合格点をとれる実力が身についてきます。得点力には個人差がありますが、得点力が伸びない受講生については、原因分析を行い、個別に的確なアドバイスをします。6日間で一通りの出題範囲を学び、7回目で実力テストを実施します。

 

③直前対策模擬試験 月・土・日曜コース

日本キャリアパスアカデミーが出題傾向を研究し作成した模擬試験を受け、解説、質問対応を行います。

 

総合過程 20時間(120時間)コース

①ポイントマスター、②パーフェクトマスター、③直前対策試験を全て受講する総合クラスで、120時間の受講となります。

介護福祉士合格講座の通信コース

通信講座のイラスト

介護福祉士合格講座の通信コースは、勉強の進め方の手引書「合格の法則」、「新カリキュラム対応版 介護福祉士筆記試験」、「介護福祉士国家試験模擬問題集」、「出題予想 模擬試験問題3回分(分かりやすい解説付き)」という豊富な内容です。さらに、第25回出題予想模擬試験問題6回分(分かりやすい解説付き)で総仕上げをするのがオススメです。質問に対しては専任講師がバックアップします。

介護福祉士実技講習

「介護福祉士実技講習」は、2日間で構成され、1日目の実技指導では、どのようにすれば合格点の60点を取れるのかを学習し、 実践できるように練習を行います。基本的な介護技術から実技試験までを一通り体得でき、2日目の模擬試験をS受験できるレベルに達します。

2日目の模擬試験では、実際の試験を想定し、得点をつけて本番試験での修正ポイントの指導が行われます。本番と同じ雰囲気で行われるので予備試験として活用できます。

日本キャリアパスアカデミーの資料請求は【ケア資格ナビ】が便利