勉強を始める切っ掛け
介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ その他の介護系資格

その他の介護福祉系資格との違い

介護に関わる仕事は介護福祉士以外にもたくさんあります。そこで、介護福祉士と他の介護系資格の違いについて説明していきたいと思います。

ここでは介護職員初任者研修課程、実務者研修、介護事務、ケアマネージャーなどその他の介護福祉資格を解説します。

いろいろな介護資格

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護福祉士の資格取得ルートは、介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士という順番で取得していくよう2013年に変わりました。

介護福祉士の資格があれば介護職員初任者研修課程、実務者研修取得者ができる仕事はすべてできます。しかし実務者研修や介護福祉士の資格を持っていなければサービス提供責任者等の業務を行うことは出来ません。ちなみに、介護職員初任者研修課程、実務者研修は認可資格であり、介護福祉士は国家資格、当然ですが介護福祉士の方が上級の資格になります。

介護職員初任者研修は講座を受講し最後に修了試験を受ける資格でよっぽどの事がない限り合格します。

 

実務者研修(旧ホームヘルパー1級)

介護職員初任者研修の上位資格で「サービス提供責任者」として仕事ができるようになる研修です。「喀痰吸引」が可能になり経管栄養の基礎知識を学ぶので仕事の可能範囲は広がります。元々はホームヘルパー1級と呼ばれていました。資格ルート簡素化のためこのようなシステムになりました。

2016年度の介護福祉士の受験資格としてこちらは必須となります。

 

ケアマネジャー(国家資格)

介護福祉士が現場仕事がメインなのに対して、ケアマネージャーはケアプランの作成や調整を行うといった事務仕事という風にイメージするとわかりやすいかと思います。

実際の仕事は、介護保険で支援、介護が必要な人がどのような介護が必要か計画を作成したり、介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる職業です。その計画をケアプランと呼び、介護を受ける方やその家族と面談してプランを作ります。

ケアマネージャーになると独立する事も可能ですが、施設について介護福祉士の仕事も兼ねるという方も大勢います。

 

福祉用具専門相談員

介護のイラスト

福祉用具のレンタルや販売の際は介護保険給付の対象になります。指定居宅サービスとして福祉用具のレンタル、販売をする場合は事業所に福祉用具専門相談員が2名以上いなければいけません。

資格自体は講習を40時間~50時間受講すると取れます。ケアマネの受験資格としても有効な資格です。

 

福祉住環境コーディネーター(国家資格)

高齢者や障害者に対して、バリフリーなどの住みやすい住環境の提案をすることを目的とした職業となっています。

1級から3級まであり、2級以上は難易度は比較的高いと言われます。

活躍の場は福祉施設だけではなく、建築関係や公共施設など幅が出てきます

 

社会福祉士(国家資格)

介護福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格です。

仕事内容は福祉に関する相談を受けて助言、指導し医療福祉関係の施設各所と連携をとり、サービスを取り次ぎます。

ケアマネは介護サービスなどのプランニングが主な仕事ですが、社会福祉士は成年後見制度や自立支援など介護保険以外の様々な制度やサービスを利用者に結びつけるコーディネートの仕事です。

 

精神保健福祉士(国家資格)

精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などに必ずいなければならない人材。

社会福祉士や介護福祉士との違いは精神障害者に特化したスペシャリストという事。

社会福祉士とあわせて取得する方が多い。

 

介護事務

介護福祉士は、介護の実務的な仕事をするのに対して、介護事務の仕事は介護における事務的な部分の担当を行います。

介護事務の仕事は直接的な介護を行わないので、他の事務職の仕事とほとんど変わらないのですが事務がヘルパーも兼ねるような小さい施設もあります。

 

このように、沢山の介護に関する資格は数多くあるわけですが、受験資格がある資格も多いので自分がどういったことを目的として介護の仕事をするのかということをしっかりと念頭に置いて資格の取得のための勉強をするようにするといいかと思います。

ユーキャン たのまな ニチイ