勉強を始める切っ掛け
介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ 介護福祉士の給料・年収

介護福祉士の給料はどうか

給料を受け取るイラスト

介護福祉士に限った話ではないのですが、給料については地域差や常勤か派遣・パートなのかなどの 雇用形態によってもばらつきがあるのではっきりいくらとは言いにくいのが実情です。

厚生労働省の賃金調査でニチイやツクイなどの上場してる介護サービス企業の平均賃金を参考にすると平均年収は300万円、月給は21万円、年間賞与は44万円となっています。しかしこちらはすべての職員の平均なのであまり参考になりません。

そこで実際の介護職、ヘルパーの求人を見てみると東京都では正社員で20万から25万、派遣で時給1300円程度、パートの時給では1000円くらいの求人が多いです。また24時間体制の施設では夜勤手当、早朝手当などの手当てが支給される場合もありますし、資格手当が付く施設もあります。

しかし地方の求人でも都市部の求人でも雇用してる施設によっての差が大きく、給与はこれくらいとは一概に言えません。

介護福祉士の資格手当・資格支援

介護施設の求人を見ると資格手当や資格支援などがある場合をよく目にします。

資格所有者が知識も経験がある証拠になるという事はもちろんですが、介護サービス提供責任者が介護福祉士を持っていないと介護保険の点数が減ってしまうなどの政策などがあり、雇う側も資格取得者を必要としています。

そのため介護福祉士の資格所持者に月5000~15000円の手当てが出たりする場合もあります。時給に上乗せの場合もあるようです。ホームヘルパーの資格より多く支給される場合が多いです。

労働条件に対しての給料

介護の現場

介護福祉士は休日についても介護の対象となる方にとって日曜・祝日は関係ありませんので、 多くの職場でシフト制を採用しているようです。週末の土日休みを毎週取れる職場ではありませんし昼夜関係なく働く方が多いのが現状です。

また労働環境も必ずしもいい訳でなく、やはりいろいろな問題があるのは他の業会と同じです。

このように給与や労働条件だけを見た場合、全産業の中では決して高い給与とは言えないのは事実です。 しかしながら、このような介護の業界で働く人は、その給料よりも人の役に立っているという充実感を感じている方が多いのです。 ですから単純に労働の対価として給与を結びつけて考えるのは賢明ではないようです。

しかし今後の高齢化社会を考えると業界自体はすたれる事は絶対にありませんし、現在の求人数、採用数を見ると介護福祉の数は他業種より圧倒的に多く。日本中どの地域であっても必要とされています。

また更なるスキルアップ、給与アップの足掛かりとして介護福祉士の資格を活かして、 ケアマネージャーの資格取得という道もあります。

介護の収入は他業種より給与は多くはない現状ですが、安定した雇用と人を助けるというやりがいがある仕事です。資格手当やステップアップする環境は整っている業界です。

ケア資格ナビで無料一括資料請求はこちら