勉強を始める切っ掛け
介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ 介護福祉士とは

介護福祉士の仕事とは

介護の仕事

介護福祉士とは、自力で日常生活を営むことが困難な高齢者や障害者をサポートするだけでなく、 ご当人や介護者及びその家族に対して介護に対する指導やアドバイスができる「介護のプロ」です。

介護福祉士は社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格で三福祉士と呼ばれたりします。三福祉士とも試験は財団法人社会福祉振興・試験センターが主催しています。

介護福祉士の資格ができたのは、1987年、社会福祉士および介護福祉士法に定められたものです。 また「介護福祉士」という名称は国家資格であり、取得者のみがその名称を許される名称独占資格でもあります。

高齢化、核家族化が進む現代日本では現在介護業界では深刻な人手不足の状況が続いており、 専門知識を持つ介護のプロに対するニーズは高まっていると言えるでしょう。

その必要性は近年、法改正・法整備が行われるなどして、 フィリピンやインドネシアからの人材を受け入れる体制を整えていることからも判断できます。

介護福祉士活躍の場所と具体的な業務内容

介護イラスト

介護福祉士はデイケアセンターや各種老人ホームや社会福祉施設、障害者施設で専門職として従事するのが一般的ですが、 医療機関や介護の必要なご家庭に出向いてサポートする方も多くいます。

日常生活、つまり食事介助、入浴介助、着衣介助、排泄介助の他に、 床ずれ防止のためのベッドでの体位変換、車椅子への移乗や杖を使っての歩行介助などがあります。

このような介護の業務以外にも介護サービス利用者の記録をつけたり、 本人の性格を把握しての目標設定・実施及び、ご家族の方の相談になったりすることもあります。

また訪問介護の場面では買い物や調理、掃除、洗濯などの家事の援助。 必要に応じて福祉タクシーを手配したりもします。

在宅の方の場合には地域とのつながりが大切になってきますので ご近所さんや地域の民生員・病院とのネットワーク作りのお手伝いなど、 その活躍の範囲は多岐に渡り、非常にやりがいのある仕事です。

今後の高齢化を考えてみても、社会的ニーズが高まっている資格と言えます。

介護福祉士の資格を取得するメリット

管理人

介護福祉士の仕事自体はヘルパーさんや資格を持ってない方も出来る仕事だったりします。では何故みなさん資格を取ったりするのでしょうか?

介護福祉士の資格取得にはヘルパーや介護に従事してる方の模範となるような知識、良き指導者になるための知識が必要です。国の政策としても介護の仕事は介護福祉士を指導者としていこうという動きがあります。その一つにサービス提供責任者が介護福祉士を持っていないと介護保険の点数が減ってしまうなどの政策などがあります。

そのため施設で働く介護福祉士には資格手当が出されていたり、介護福祉士であることで、キャリアアップをしたり、給与面や待遇が他の介護の資格者よりも優遇されるケースが多く、取得するように職場から言われている場合も多いようです。

上記の理由から、この資格制度によって沢山の方が介護福祉士を目指しますし、資格取得難易度が上がる事は日本の介護のレベルが上がる事になります。

ユーキャン たのまな ニチイ