介護福祉士通信講座比較トップへ ≫ 介護福祉士の資格試験概要・受験資格・難易度

介護福祉士試験の試験概要・受験資格・難易度

介護福祉士の試験は筆記試験は毎年1月の下旬に財団法人社会福祉振興・試験センターが主催し,実技試験は3月の下旬に行われます。 この実技試験は、筆記試験を合格した者のみ受験でき、合格発表は毎年3月下旬となっています。ここでは介護福祉士の実際の試験について詳しく見ていきましょう。

試験に申込む

勉強のイラスト

介護福祉士の試験申し込みは社会福祉振興・試験センターにネットかはがきで申込書類を取り寄せる所から始まります。取り寄せは例年7月上旬からできます。

申込み期間は例年8月上旬から9月上旬の約1ヶ月が通常です。申込みの際は受験料を振り込む必要もあります。受験手数料は約1万円です。

筆記試験と実技試験

管理人

筆記試験は全国34カ所の会場で行われ、出題形式は5つの選択肢から選ぶ問題が基本となります。出題数は120問で試験時間が3時間半となっています。配点は、1問1点の120点満点です。

試験科目は、下記の3領域(赤字)10科目です。全ての科目に得点しなければ合格できません。

介護福祉士の試験科目

  • 人間と社会 
  • 1.人間の尊厳と自立、介護の基本
  • 2.人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  • 3.社会の理解
  • 介護 
  • 4.生活支援技術
  • 5.介護過程
  • こころとからだのしくみ
  • 6.発達と老化の理解
  • 7.認知症の理解
  • 8.障害の理解
  • 9.こころとからだのしくみ
  • 総合 
  • 10.総合問題

試験科目はさらに中項目、小項目と詳しく分類され、あらかじめ社会福祉振興・試験センターに掲載されています。項目の熟読は勉強前には必須ですので必ず目を通しましょう。

社会福祉振興・試験センター・介護福祉士試験出題項目詳細

実技試験については筆記試験合格者のみ受験できます。介護などに関する専門的技能を試す試験で試験時間は5分です。全国12会場で実施されています。

出題科目は1. 介護の原則、2. 健康状況の把握、3 .環境整備、4. 身体介護の中から出題されます。

実際にあった試験問題として第24回の実技試験を例に紹介します。

第24回介護福祉士 実技試験問題【介助者の状態 … 左上下肢の麻痺】

■■さん(87歳)は、左上下肢に麻痺があり、衣服の着脱と移乗の動作に一部介助が必要です。車いすの移動は全介助です。いすに座っている■■さんは、上着を着て、車いすで外出することを希望しています。外は寒いので、寒くないように準備し、途中にある段差を越えて、玄関まで移動の介助をしてください。車いすの点検は済んでいます。■■さんの返事は、「はい」または「うなずく」だけです。

実際にシチュエーションを指定されどう行動するか試される試験です。普段通りにできれば合格できる試験ですが、試験官に見られてる緊張から不合格になる方が多く。不合格者の多くが何をしたか覚えてないという試験です。

60%の正解で合格と言われますが数値化できる事は少なく、難易度による合格率の調整もある事からいつもの半分程度の事が出来れば合格するとも言われており、どれだけ平常心でできるかが合否の分かれ目です。

実技試験の出題範囲の中項目、小項目もあらかじめ発表されていますので社会福祉振興・試験センターで確認しましょう。

介護福祉士試験の合格基準

合格

合格基準については、問題の総得点の6割程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点を取った者。これを満たした者のうち、試験科目10科目郡全てにおいて得点があった者となっています。

実技試験においての合格基準については、課題の難易度で補正した点数以上の得点の者を実技試験の合格者とする、となっています。

介護福祉士の合格率

   
回数 受験者数 合格者数 合格率
第1回 11,973名 2,782名 23.2%
第2回 9,868名 3,664名 37.1%
第3回 9,516名 4,498名 47.3%
第4回 9,987名 5,379名 53.9%
第5回 11,628名 7,041名 55.1%
第6回 13,402名 6,402名 52.5%
第7回14,982名7,845名52.4%
第8回18,544名9,450名51.0%
第9回 23,977名12,163名50.7%
第10回31,567名15,819名50.1%
第11回41,325名20,758名50.2%
第12回55,853名26,973名48.3%
第13回58,517名26,862名45.9%
第14回59,943名24,845名41.4%
第15回67,363名32,319名48.0%
第16回81,008名39,938名49.3%
第17回90,602名38,576名42.6 %
第18回130,034名60,910名46.8 %
第19回145,946 名73,606 名50.4 %
第20回142,765 名73,302 名51.3 %
第21回130,830名67,993名52.0%
第22回153,811名77,251名50.2%
第23回154,223名74,432名48.3%
第24回137,961名88,190名63.9%
第25回136,375名87,797名64.4%
第26回154,390名99,689名64.6%
第27回153,808名93,760名61.0%
第28回152,573名88,300名57.9%
第29回76,323名55,031名72.1%
第30回92,654名65,574名70.8%

資格が出来た当初、介護福祉士は難しいとされる国家資格のひとつでした。

ですが、平成元年の試験開始時に23%と低かった合格率は、近年70%以上と飛躍的に上がっています。その背景には、高齢化する社会に合わせた問題難易度の低下や、受験者の学力の上昇があげられるでしょう。

現在日本には沢山の国家資格があります。そんな中で介護福祉士の資格は、比較的合格率の高い(取得しやすい)国家資格ともいえます。なぜなら、6割方の国家資格が50%以下という合格率の中で、介護福祉士の資格は60%を超える合格率だからです。

難易度の高いものでは5%前後の合格率と極めて難しい資格が多い国家資格の中、介護福祉士の資格は「取得しやすい国家資格」のひとつといえるでしょう。

今後社会の中で、より需要の高まる資格として注目を集めている介護福祉士ですが、それを表すように平成元年に始まった試験以降、その受験者数は確実に上昇傾向にあります。

第1回目の試験当初、わずか1万人程度だった受験者数は、平成10年の第11回目には3万人。第18回目には13万人と飛躍的に数を増やし、近年は14万前後の人が介護福祉士としての資格を求めて受験を受けています。またその一方で合格率も上昇傾向が続いており、ここ数年は70%以上の合格率を維持しています。

合格基準点?60%?10科目すべて得点?

介護福祉士の試験合格点は、「総得点の60%前後を基準とし、出される問題の難易度で補正した点数以上の点」を得て、かつ「10科目すべてにおいて点を取得する」必要があります。

これだけを聞くといささか難易度が高くも感じますが、10科目は介護福祉士を目指す中で必要とされる知識であること、また配点については、1問を1点とした120点満点であることから、安定して得点を狙っていける試験でもあります。

介護福祉士の受検資格

介護

介護福祉士の資格試験を受験するには受験資格があります。また社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、平成29年度(第30回)から介護福祉士の受験資格が変わりました。

簡単に言うと福祉系の学校を卒業した者、または3年以上の介護の実務経験者が受けることができる資格試験です。下記のようなルートがあります。

    実務経験ルート

  • ●実務経験3年以上(1,095日以上)の従業および540日以上の従事期間+実務者研修
  • ●実務経験3年以上(1,095日以上)の従業および540日以上の従事期間+介護職員基礎研修・喀痰吸引等研修
  • 養成施設ルート

  • ●高校卒業後、介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業
  • ●高校卒業後、福祉系大学、社会福祉士養成、保育士養成+介護福祉士養成施設(1年以上)を卒業
  • 福祉系高校ルート

  • ●福祉系高校を平成21年度以降入学で新カリキュラムで卒業
  • EPAルート

  • 研修を受けながら就労するインドネシア人、フィリピン人,ベトナム人向け

実務者研修について詳しくはこちら

平成29年度の受験資格の大きな変更点

勉強してるイラスト

平成29年度、介護系の仕事の地位を向上させるために新たに介護福祉士の資格取得条件を厳しくする方針が打ち出されました。これは、それまで専門養成施設を卒業した人は無試験で介護福祉士になれるというものがありましたが、今後は例外なく全ての人に国家試験の受験義務が課せられるということになりました。

また、3年以上の実務経験を積んで試験に挑む方は、指定時間された時間の実務者研修を受けることが、受験資格の必要条件として追加されることになりました。

養成施設や福祉系高校における受験資格として必要な講習時間についても制度の見直しにより変更が生じます。福祉系高校の場合は1190時間から1800時間、養成施設の場合は1650時間から1800時間へと増加することになりました。

受験資格の大きな変更点は以下のようになります。

【実務経験者として試験を受ける方】

平成27年度まで/3年以上(1,095日以上)の従業および540日以上の従事期間

平成28年度より/これまでと同条件に加え、450時間の研修 ※保持する資格によって短縮あり

【養成施設の卒業者】

平成27年度まで/資格試験は免除。指定期間通い卒業後、資格登録が可能。

平成28年度より/指定期間通い卒業後、資格試験が必須。

*平成33年度末までに卒業する方は、卒業後5年の間は、国家試験を受験しなくても、または、合格しなくても、介護福祉士になることができます。

【福祉系高等学校の卒業者で試験を受ける方】

変更なし ※これまでと同様に、学校のカリキュラムに応じた実務経験や講習が必要

実際は27年度からだったが延期された

悩む受験生

本来は、平成27年度の試験から適用されるはずだった受験資格の変更ですが、平成26年6月に成立となった、質の高い医療提供の体制や持続的な社会保障制度の確立を目的とする法案「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が制定されたことにより、その実施は1年延期されました。

この延期には、資格取得試験への敷居が上がることによる人材不足を懸念する背景があります。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • ニチイ