介護福祉士の資格を通信講座で取得する

通信講座イラスト

通信講座で介護福祉士の資格を取得するメリットは、合格するために必要なポイントを絞り込んでいるテキストで勉強も働きながらでも効率よく勉強できるカリキュラムになっていますので忙しい方には特におすすめです。

いろいろな学習スタイルが選べる

主婦が喜ぶイラスト

通信講座は、一般的にはテキストが送られてきて、問題を解き、郵送、FAXで添削してもらうという流れが 普通ですが、最近はDVDを見て学ぶ講座やWEB通信なども増えてきており、より効率よく学ぶ事ができるようになりました。

映像を見ながらの学習は記憶に残ると言う点でも優れています。またWEBで添削してもらう場合はより スピーディーに学習が進められます。

通学講座の大きなメリットとして、自分にあった勉強スタイルを選ぶ事が可能という点です。

自分のペースを作る

勉強

通信講座はどうしても一人では勉強が出来ないといった人にもお勧めできます。いついつまで提出して添削をしてもらってなどスケジューリングされてる場合が多いので勉強のペースメーカーになってくれるのです。

独学だといつまで、どこを学習するかも自身で決めなくてはならないので、怠けがちになってしまいますし、 通学だと授業時間が決まっていて仕事の都合で行けない日も出てくる場合もあります。

通信講座は家でじっくりと勉強できるものなので、自分の生活スタイルを壊すことなく勉強 に集中することが出来ます。

どうしても家でしか勉強が出来ない。今やっている仕事が忙しくて通学する時間も ないし、独学では心配という人に対しても非常にお勧めです。

通信講座の料金は4万円未満の場合もあり、通学と比べ非常に安いところも魅力の一 つです。

介護福祉士の通信講座比較はこちら

デメリットは?

通信講座デメリットは誰も見ていない環境で学習を行う点です。自分に対してスケジュールをきっちりと立てられる人、自分に対して厳しい人に向いてますが、それが出来ないという人には厳しいでしょう。

それから、講師が目の前にいるわけではありませんので、質問の回答までに多少時間がかかることもあります。ただ最近ではFAXやWEBなどもありますのでその心配も少なくなって来たとは言えます。